配膳システム

配膳システム

旅館・ホテルのお食事提供支援システム

食数、食器、備品の管理システムで生産性向上!
旅館・ホテルのお仕事をDX化しませんか?

旅館・ホテルの配膳システムとは?

ホテル管理システムから食事場所ごとに御膳の数を自動取得し連動するシステム。食器、備品、汁等の管理も可能です。

無料資料請求はこちら

こんなお悩み
ありませんか?

  • お悩み1

    エクセルなどへの
    データ入力業務を削減したい

  • お悩み2

    フロント、調理場、お客様係の
    連携をスムーズにしたい

  • お悩み3

    無駄な動線をなくしたい

そんなお悩み解決します!

無料資料請求はこちら

「配膳システム」の導入メリット

  • ポイント1

    事務作業の削減

    ホテルシステムから必要情報を自動取得するのでエクセルなどへの入力業務を削減できます。
    業務効率化はもちろん、入力ミス等のトラブルも防ぎます。

  • ポイント2

    部門間の連携がスムーズに

    フロント、調理場、お客様係の連携をシステム化することで伝達ミス防止。
    無駄な動線をなくして効率化も!

  • ポイント3

    備品管理の効率化でロス削減

    備品や食器の管理もシステム化して必要数の把握やロス削減。

  • ポイント4

    お客様満足度UP

    システムにできることはシステムに任せて、人にしかできないサービスに力を注ぐことでお客様とのコミュニケーションを増やし、満足度UP!

  • ポイント5

    DX化の推進

    どこから始めたらいいのか難しいDX化(デジタルトランスフォーメーション化)に着手できます。

【DX化とは?】
DX=デジタルトランスフォーメーションの略で、デジタルへの変革の意味。
経済産業省が2018年に出した「DXレポート」では、「DX」とは『企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること』と定義されています。
労働力不足や働き方改革などを背景に、DX化での効率化が急務となっています。

旅館・ホテル向け配膳システム 利用イメージ

ホテルシステムから配膳に必要な情報を自動収集して帳票などを作成。事務作業を軽減し、ヒューマンエラー対策ができます。

【旅館・ホテル向け】配膳システム 利用施設様からの声

  • 部門間の連携がスムーズになり、笑顔が増えました。

  • 一日のうち多くの時間をデスクワークに費やしていましたが、『配膳システム』導入で接客に集中できるようになりました。

  • 『配膳システム』の導入で日々のルーティン作業が自動化したことで正確性も増し、お客様満足度も上がりました。DX化推進の契機になりました。

導入のご相談などございましたら
お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

(受付時間:平日9時~17時30分)

011-823-5743

関連のホテルシステム

  • サブシステム

    配膳システム

    食数、食器、備品の管理システムで生産性向上!
    旅館・ホテルのお仕事をDX化(デジタルトランスフォーメーション)化しませんか?

    詳しく見る

  • サブシステム

    清掃管理システム

    フロント、客室管理部門、清掃スタッフの連携をシステム化しチェックイン可能状態までの管理をスムーズにします

    詳しく見る